内壁 左官工事

■和室・洋室は問わない、芸術的な左官工事

塗り壁に用いられる素材には、漆喰や珪藻土、じゅらく、シラスなど、さまざまな素材があります。
もちろんそれぞれの素材は異なる特徴を持っていますが、共通して言えるのは「天然素材」であること。

現在は改良が進んでいますが、その昔、一般的に室内に用いられるクロス(壁紙)は、接着剤による化学物質がシックハウス症候群の原因になるとして問題視されていた時期がありました。
しかし左官工事で使用される素材は天然素材ということもあり、「身体に優しい素材」として住まいの内壁に取り入れられることも多くなったのです。

そんな左官工事の大きな特長は、単なる塗り壁でなく、意匠性の高いデザインを施すことができる点。
職人が生み出す芸術的なデザインは家紋だけに留まらず、文字や絵を入れることも可能なのです。

また表面には小さな穴がつくられ、その穴が湿気や臭いを吸着分解するといった機能もあります。

お部屋の雰囲気に合わせて施工できる左官工事。
あたたかみある質感の内装を、あなたのお部屋にいかがですか?

 

■塗り壁に使用される主な素材

○漆喰

消石灰と天然海藻から精製した糊、麻などのスサを練り合わせてつくられる素材。
調湿機能・化学物質の吸着分解などの効果があり、これで施工された壁は別名「呼吸する壁」と言われるほど。
古来より寺院や民家で親しまれ、幅広く普及している人気の素材です。


○珪藻土

植物性プランクトンの一種である、珪藻の死骸から形成された多孔質な土を珪藻土といいます。
調湿機能、断熱効果、吸音性、遮音性、耐火性に優れた高機能素材。
近年では体に優しい素材として、わたしたちの身近にさまざまな商材の形をして登場していますね。


○じゅらく土

京都の聚楽第(じゅらくだい)跡付近で産出された黄褐色の良質な色土を「じゅらく土」と呼びます。
最高級天然土として希少価値のある素材なのですが、そのせいもあって手が出しづらく、一般的には「じゅらく土風に仕上げた塗り壁」を指すことが多々。
しかしこれを用いた内壁は、和の空間と非常によくマッチし、自然な風合いを楽しむことができます。


○シラス

マグマが岩石となる前に粉末となった、白い物質素材のこと。
きめ細かい微粒子で、無数の穴が開いた複雑な構造が特徴です。
その無数の穴が他の素材よりも高い調湿機能や消臭性を発揮し、耐候性・耐久性はもちろん長寿命という大きな特長を持っています。

【代表直通】080-3119-0799
【事務所】072-441-5767
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【受付時間】8:00~19:00
【対応エリア】岸和田市を中心とする泉州エリアに対応

一覧ページに戻る